東大寺 春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り(毎日新聞)

 古都・奈良に春を呼ぶ東大寺二月堂(奈良市)の修二会(しゅにえ=お水取り)が1日、本行入りした。午後7時ごろ、夜の勤行の始まりを告げる長さ約6メートルの「おたいまつ」が舞台欄干に現れ、夜空を焦がした。

【写真特集】東大寺も他の神社仏閣も 日本の世界遺産

 奈良時代から途切れることなく続く法会で、今年で1259回目。15日未明の満行まで、練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11人の僧が、本尊の十一面観音に祈りをささげる。

 おたいまつは、練行衆が二月堂に続く石段を上がる際に足元を照らす道明かりで、付き人の「童子(どうじ)」が担ぐ。おたいまつは14日まで毎晩続く。【花澤茂人】

【関連ニュース】
【東大寺の行事を写真で】お身拭い(8月)
【東大寺の行事を写真で】お水送り
【東大寺を写真で】霧に包まれる東大寺大仏殿
東大寺:法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ

参院選前の「谷垣降ろし」も=舛添氏(時事通信)
原口総務相、ツイッターで津波情報流し弁明(読売新聞)
児童ポルノ流出 開業医逮捕(産経新聞)
首相動静(3月3日)(時事通信)
予算委分科会は欠席=集中審議出席の方針−自民(時事通信)
[PR]
by qynnmmyhbs | 2010-03-06 06:05