<枝野担当相>記者100人 フリーに開放会見(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は4日、フリーランスの記者にも開放した記者会見を初めて開催し、約100人が参加した。独立行政法人や公益法人が対象の「事業仕分け第2弾」に絡み、業界紙の記者たちから関連する法人が仕分け対象となるか質問が相次ぐなど、事業仕分けへの関心の高さも浮き彫りになった。

 質疑では、医薬品の業界紙記者が独法の「医薬品医療機器総合機構」の扱いを尋ねたが、枝野氏は「聖域なく対象になりうる」と述べるにとどめた。【影山哲也】

9割の医師が新薬の14日処方制限を問題視(医療介護CBニュース)
個所付け通知「党経由は遺憾」=鳩山首相が陳謝−集中審議(時事通信)
引きずり死初公判 被告、殺意を否認 大阪地裁 「車止めていれば」謝罪 (産経新聞)
最大40万人の無年金救済も=後納期間延長で−厚労省(時事通信)
少年グループの抗争で23歳男ら逮捕 互いに報復繰り返す(産経新聞)
[PR]
by qynnmmyhbs | 2010-03-08 00:32