北アルプスの立ち往生7人、ヘリで無事救助(読売新聞)

 岐阜県飛騨市神岡町打保の北アルプス寺地山(てらじやま)(1996メートル)で、大雪によって登山中に立ち往生していた東京都武蔵野市西久保、山岳ガイド山田哲哉さん(55)ら7人パーティーは4日朝、同県警のヘリコプター「らいちょう2」が救助した。

 けが人はいないという。

 同県警飛騨署の発表によると、救助されたのは、ほかに東京都八王子市高倉町、会社員安藤佳延さん(39)、神奈川県横浜市緑区、エンジニア井口達也さん(48)、千葉市花見川区、公務員金内佳子さん(36)、栃木県栃木市平柳町、会社員川合昇さん(42)、茨城県下妻市若柳甲、公務員古谷野淳さん(33)、神奈川県大和市中央林間、教員本郷順子さん(50)。先月29日から1日までの計画で入山していた。3日早朝、富山県警を通じて岐阜県警に救助要請があった。4日は午前7時前から捜索を開始、4人と3人ずつに分かれてヘリにつり上げ、救助した。

仕事の流れ
テンヤマダイを極めよう
クレジットカード現金化
債務整理
クレジットカード現金化
[PR]
by qynnmmyhbs | 2010-01-09 10:08