規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す−民主(時事通信)

 民主党は28日、国会内で「政治資金対策チーム」(責任者・海江田万里選対委員長代理)の初会合を開き、政治資金制度を改革するための政治資金規正法改正案を3月下旬にも取りまとめる方針を決めた。今国会に議員立法で提出し、成立を目指す。
 チームでは、衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた企業・団体献金の禁止や、個人・ネット献金の普及などについて議論する。会合で海江田氏は「同法は猫の目のように目まぐるしく変わる。この際、長期にわたって耐えられる改正案の決定版を作りたい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜石川議員、小沢氏に収支概要報告〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

進次郎氏、美人すぎる藤川市議に猛アタック!「心強い」…自民党大会(スポーツ報知)
「悪臭ひどい、まずライフライン」=ハイチ視察、日赤社長が帰国−成田(時事通信)
ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪(産経新聞)
星雲 5500光年かなたの「出目金」?「猫の足」?(毎日新聞)
普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民(時事通信)
[PR]
by qynnmmyhbs | 2010-01-28 23:17